知事の部屋

 
猪瀬都知事「知事の部屋」
プロフィール施政方針記者会見活動の紹介海外出張交際費

活動の紹介

平成25年4月24日更新

東京電力経営改革本部との定例会合(第4回)

 東京都は、平成24(2012)年10月から、東京電力の構造改革を着実に進めるため、東京電力経営改革本部と定例会合を開催しています。
 平成25(2013)年4月24日(水)に開かれた第4回会合では、都の提案した東京電力のコスト削減について、昨年11月に東京電力に外部委員を入れて設置された調達委員会の宇田委員長から取組状況の説明がありました。
知事からは、「東京電力改革と新電力市場の形成は表裏一体」だとした上で、老朽火力発電所のリプレースは新電力の育成につなげていくべきであるとの意見などが出されました。
 また、会合終了後、知事は記者団に対して、都の保有する水力発電所の売電契約を競争入札にする際に東京電力が都に請求した52億円という額は、東電改革本部を経ていない話であって正式な金額でないことを互いに確認できたので、水力発電所を持つ他の自治体でも自由化が始まると思うと話しました。