報道発表資料 [2015年1月掲載]

平成26年度都市農地保全シンポジウムの開催
地域で活かす都市農地

平成27年1月26日
産業労働局

 都市農地は、新鮮で安全な農産物の生産の場だけではなく、災害時の避難場所やヒートアイランドの緩和、潤いと安らぎを提供するなど、さまざまな役割を果たしており、都民の貴重な財産となっています。
 都市農地は年々減少していますが、限りある農地を地域でどのように守っていくか一緒に考えていきます。

開催概要

 日時 平成27年3月3日(火曜日)13時00分〜16時30分
 場所 たましんRISURUホール・小ホール(立川市市民会館)

基調講演

 「市民協働と都市農地の保全」
 講演者:舩戸修一氏(静岡文化芸術大学講師、法政大学兼任講師)

事例紹介&意見交換

  1. 日野市『市民参加による水田保全活動』
  2. 練馬区『農業体験農園を活かした防災訓練』
  3. 西東京市『農のアカデミーにおける農業体験』
  4. 江戸川区『特産小松菜による農商連携とPR』

コーディネーター:谷澤巌氏(一般財団法人農村開発企画委員会専務理事)

申込方法

 2月27日(金曜日)必着で電話またはファクスで申込み
(必要事項:氏名、電話番号)
 ※頂いた個人情報は本件以外には使用いたしません。

申込先

 産業労働局農林水産部農業振興課土地改良計画係
 電話 03-5320-4824/ファクス 03-5388-1456

定員

 200名(先着順・参加無料)

主催

 東京都

問い合わせ先
産業労働局農林水産部農業振興課
 電話 03-5320-4824