報道発表資料 [2015年6月掲載]

個人情報の流出について

平成27年5月29日
環境局

 東京都の建築物環境計画書制度において、都の担当者が、対象事業所の個人情報が含まれたデータを、誤って他の事業所にメール送信し、個人情報が流出する事故が発生しましたのでお知らせします。
 関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
 今後、このようなことがないよう、情報管理を徹底してまいります。

1 事故の概要

 都の担当者が、対象事業所へのメールを誤って他の事業所に送信し、個人情報が流出した。

発生時期

 5月27日(水曜日)

発生場所

 環境局地球環境エネルギー部環境都市づくり課

誤送信した内容

 建築物環境計画書(3事業者3名分)

個人情報

 建築物環境計画書に記載された、氏名、法人名及び役職名

2 経緯

  1. 5月27日(水曜日)17時50分頃、都の担当者がA事業所に対し、A事業所の建築物環境計画書をEメールに添付して送信する際に、誤って送信先にB事業所の担当者のメールアドレスを入力して送信してしまった。
     (この時点において、都の担当者は誤送信に気付いていなかった。)
  2. 5月28日(木曜日)16時頃、B事業所の担当者から都の担当者に対して連絡があり、誤送信が判明した。

3 事故発生後の対応

  1. 5月28日(木曜日)16時頃、B事業所から誤送信の連絡を受けた際に、メールの削除を依頼した。(削除を確認済。)
  2. 5月28日(木曜日)18時40分頃、A事業所に電話で謝罪するとともに、対象建築物の建築主であるC社に電話で謝罪した。
  3. 職員に対し、情報管理の徹底、事故発生時の対応についての周知を行い、再発防止を図る。

問い合わせ先
環境局地球環境エネルギー部環境都市づくり課
 電話 03-5388-3452