報道発表資料 [2015年7月掲載]

ライチョウの生育状況及び雌雄判定の結果について

平成27年7月16日
建設局
(公財)東京動物園協会

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、絶滅危惧種で国の特別天然記念物である、日本産ライチョウの生育状況及び雌雄判定の結果について、現在の状況をお知らせします。

1.状況

 平成27年6月5日に乗鞍岳(長野県・岐阜県境)で採取した5個のライチョウの卵は、上野動物園で6月28日までに孵化し、7月16日現在、全5羽とも採食行動や体重増加などに問題はなく、順調に生育しています。
 また、多摩動物公園野生生物保全センターにて、孵化した卵の殻の内側に付着した組織からDNAを抽出し、雌雄を判定した結果、上野動物園で孵化した5羽の内、オス3羽、メス2羽であることが判明しました。

画像
【ライチョウのヒナ(7月13日撮影)】

<表 孵化日時・雌雄判定の結果・体重について>
平成27年7月16日現在
孵化日時 性別 体重(グラム)
6月27日午後6時00分 メス 108.8
6月28日午前0時00分 メス 89.3
6月28日午前2時00分 オス 86.2
6月28日午前2時00分 オス 115.2
6月28日午前4時00分 オス 98.9

2.ライチョウの飼育状況(7月16日現在)

飼育場所

 東園ライチョウ孵化育雛(いくすう)施設

室内温度

 20度〜40度

エサ

 ニワトリのヒナ用の餌・ウサギモルモットペレットを粉砕したもの、スイバ・ギシギシ・小松菜を千切りしたもの

状況

 ヒナを育てるための育雛箱の中で5羽一緒に飼育している。
 ヒナの状態を見ながら、保温ランプ等で育雛箱の内部を適温に保っている。

3.これまでの経過

 6月5日 乗鞍岳より5卵を採取し上野動物園へ輸送する。
 6月6日 上野動物園到着後、孵卵器に入れる。
 6月27日午前7時00分 3個の卵の嘴(はし)(う)(※)を確認する
 6月27日午後6時00分〜6月28日午前4時00分 順次、5羽のヒナが孵化する
 6月29日 全てのヒナがエサを食べていることを確認
(※嘴打ち:ヒナが卵から出るために卵の内側から嘴で卵の殻を割り始めること)

4.今後の取組

 ライチョウは冷涼な高山帯に棲んでいる鳥であるため、特に温度・湿度、衛生管理に注意し、スバールバルライチョウの孵化育雛の経験を活かし、注意深く飼育、観察していきたいと考えています。
 また、現時点で、当園で今回孵化したライチョウを一般公開する予定はありません。
 今後のライチョウの生育等の状況については、順次、当園のホームページでご案内いたします。

【参考】

ライチョウ (キジ目 ライチョウ科)
 (環境省レッドリスト:絶滅危惧1B類(EN)、特別天然記念物)
※「1B類」の数字「1」の正しい表記はローマ数字です。

学名

 Lagopus mutus japonicus

英名

 Rock Ptarmigan

体長

 約37センチメートル

体重

 400〜450グラム

分布

 本州中部高山帯(頚城山塊、北アルプス、乗鞍岳、御嶽山、南アルプス)

生態等

 日本産ライチョウは、世界に分布するライチョウ(23亜種)の中で、最南端に隔離分布する亜種で、日本列島が地続きであった最終氷期に大陸から移り棲み、その後温暖となると共に高山帯に取り残された、氷河期の依存種とされています。羽色は季節によって変化し、夏羽では黒褐色に白斑が混じり、冬には尾羽を除き純白になります。オスには目の上に赤いトサカがあり、春の繁殖期にもっともよく目立ちます。標高2,200〜2,400メートル以上の高山帯で繁殖し、冬季には亜高山帯にも降りて生活します。一夫一婦制でオスはテリトリーを持ち、メスに誇示行動をします。1回の産卵で6〜7個の卵を産み、23日で孵化します。ヒナの全身は綿羽で覆われ、目も開いていて、孵化後数時間で立ち歩き、餌を食べるようになります。

ご案内

【恩賜上野動物園】

<開園時間>
 9時30分〜17時00分(入園は16時00分まで)
 8月8日(土曜)〜16日(日曜)は、9時30分〜20時00分(入園は19時00分まで)。

<休園日>
 毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
 7月21日(火曜)、8月10日(月曜)、24日(月曜)は開園。

<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
 電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365