トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28年(2016年) > 9月 > 多摩若年性認知症総合支援センターの運営事業者を決定

ここから本文です。

平成28年(2016年)9月21日更新

報道発表資料  2016年09月21日  福祉保健局 

東京都多摩若年性認知症総合支援センターの運営事業者を決定しました

東京都では、若年性認知症施策を推進するため、若年性認知症の人と家族を支援するワンストップの相談窓口である東京都多摩若年性認知症総合支援センターを開設することとし、本年5月末に運営事業者の公募を行っておりましたが、このたび以下のとおり決定しましたのでお知らせします。

1 運営事業者

社会福祉法人マザアス
※運営事業者の法人及び提案内容の概要については別紙(PDF:185KB)のとおり

2 選定方法

東京都多摩若年性認知症総合支援センター選定委員会を設置し、同選定委員会において、事業者からの提出書類及びヒアリング結果を踏まえた総合的な審査により選定しました。

  • 応募事業者数・・・4事業者

3 東京都多摩若年性認知症総合支援センターの概要

  • 設置場所 日野市(JR中央線日野駅)
  • 開設時期 平成28年11月(予定)
  • 事業内容
    若年性認知症支援コーディネーターを配置し、以下の事業を行います。
    • 若年性認知症の人と家族等に対する相談対応・サービス調整
    • 若年性認知症の人と家族等に対する各種サービスの利用支援
    • 関係機関との連携等
    • 家族等への支援
    • 関係機関への周知
    • その他、若年性認知症の人への支援等に必要と認められる事業

4 その他

東京都では、平成24年5月に東京都若年性認知症総合支援センターを設置し(設置場所:目黒区)、若年性認知症の人と家族をワンストップの相談窓口として総合的に支援してきました。今回は多摩地域に2か所目のセンターを設置するものです。

【東京都若年性認知症総合支援センターについて】ホームページ「とうきょう認知症ナビ」

東京都長期ビジョン」事業
本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
都市戦略5 「福祉先進都市の実現」
政策指針12 「高齢者が地域で安心して暮らせる社会の実現」

問い合わせ先

福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
電話 03-5320-4276

 

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.