トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28年(2016年) > 10月 > 「高齢者施策に関する都民意識調査」の結果

ここから本文です。

報道発表資料  2016年10月27日  福祉保健局

「高齢者施策に関する都民意識調査」の結果

20歳以上65歳未満の都民を対象に平成27年度に実施した「高齢者施策に関する都民意識調査」における主な調査結果について、このたび報告書としてまとめましたので、お知らせいたします。

高齢期を東京で過ごしたい人は、約67%

高齢期に過ごしたい場所を聞いたところ、「東京」の人は約67%、「東京以外」の人は約15%となっている。
また、高齢期を東京で過ごしたい人の割合を年代別にみると、20代では約49%、60代では約85%となっており、年代が上がるにつれて高くなっている。 【概要版 P11】

将来自宅で介護を受ける際、「訪問介護サービス」を希望する人が約65%と一番多く、家族・親族から介護を受けたい人は約52%

将来自宅で介護を受ける場合、受けたい介護について聞いたところ、「訪問介護サービス」を希望する人が約65%と一番多く、「配偶者・子供・その他の親族から」を希望する人は約52%であった。 【概要版 P16】

介護ロボットの利用希望は、移乗介助、移動支援、見守り用機器が7~8割程度、コミュニケーション用機器の利用希望は約5割

自分自身や身近な家族が、介護が必要になった際、介護ロボットを利用したいか聞いたところ、移乗介助用機器は約69%、移動支援用機器は約73%、見守り用機器は約78%、コミュニケーション用機器は約46%の人が利用を希望した。 【概要版 P19】

死期が近い場合に、「自分のやりたいことや自分の生活を優先した医療を受けたい」人が約67%、「治療を優先した医療を受けたい」人は約9%

死期が近い場合にどのような医療を受けたいか聞いたところ、「自分のやりたいことや自分の生活を優先した医療を受けたい」が約67%、「できるだけ医療を受けたくない」は約10%、「治療を優先した医療を受けたい」人は約9%。 【概要版 P24】

自宅で最期を迎えたい人が、約38%と一番多い

最期を迎えたい場所について聞いたところ、「自宅」が約38%と一番多い。
また、年代別にみると、年齢が上がるにつれて、「高齢者向けの住宅」や「介護保険で入所できる施設」の割合が高くなっている。 【概要版 P27】

※調査の概要は下記
※調査結果(概要版)は別紙(PDF:652KB)のとおり

問い合わせ先

福祉保健局高齢社会対策部計画課
電話 03-5320-4596

調査概要

1 目的

現役世代の都民を対象に、将来迎える高齢期の生活像や親の介護等に関する意識を把握し、今後の高齢者施策展開のための基礎資料を得ることを目的とする。

2 調査対象者

都の指定した12区市町村(※)に在住する20歳以上65歳未満の都民6,000人
※島しょを除く各老人福祉圏域から1区市町村を指定

3 調査期間

平成28年1月12日から25日まで

4 調査方法

郵送調査

5 回収結果

抽出数 調査対象数 対象外 有効回収数 回収率
6,000件 5,945件 55件 2,602件 43.8%

※対象外とは、宛先不明で調査票が不着だったものと白紙無回答だった調査票である。
※回収率は、【有効回収数/調査対象数】で算出した。

6 調査回答者属性

性別 男性:43% 女性:56%
年齢 20代:13% 30代:19% 40代:27% 50代:27% 60代:14%
居住地 23区内:68% 多摩地区:32%
生まれ育った場所 東京:55% 東京以外:44%

※小数点以下を四捨五入していることや無回答部分がある回答者がいる影響で、合計が100%にならない場合がある。

7 調査結果の公表について

福祉保健局のホームページに掲載しております。

※本調査の他に、65歳以上の在宅高齢者を対象とした「平成27年度東京都福祉保健基礎調査『高齢者の生活実態』」についても、本日公表しています。

所管課:福祉保健局総務部総務課

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.