トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28年(2016年) > 11月 > 恩賜上野動物園 アジアゾウ「ウタイ」が流産

ここから本文です。

報道発表資料  2016年11月01日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園情報
アジアゾウ「ウタイ」の流産について

恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、平成28年8月12日にアジアゾウの「ウタイ」が妊娠したことをお伝えしましたが、平成28年10月31日に流産したことを確認しましたので、以下のとおりお知らせします。

1.流産したアジアゾウ

  • 名前
    ウタイ
  • 性別
    メス
  • 年齢
    18歳
  • 来歴
    1998年2月7日 タイ生まれ
    2002年10月11日 上野動物園に来園

※アティ(オス)とともに、タイ王国より日本国民へ友好のしるしとして寄贈され、上野動物園で受け入れました。

写真
【アジアゾウ「ウタイ」】
(撮影日:平成28年8月6日)

2.これまでの経過

平成27年10月、「ウタイ」(当時17歳)とオスの「アティ」(当時18歳)のペアリングを実施したところ、ウタイの血中ホルモン(プロジェステロン)値が妊娠時の状態を示すとともに、平成28年7月4日の超音波検査(エコー)で胎児の体の一部らしき画像が確認されたため、妊娠確定と判断しました。
その後、妊娠の状態を把握するために定期的に検査を行っていましたが、平成28年10月19日から、採取した血中ホルモン(プロジェステロン)値が下がり始め、同10月31日、既に死亡している胎児が娩出されたため、流産したと判断しました。
なお、出産予定日は平成29年6月から7月頃になる見込みでした。

3.当園の飼育状況(2016年11月1日現在)

4頭(オス1頭、メス3頭)

  • オス
    「アティ」 19歳 2002年10月11日 タイより来園
  • メス
    「ダヤー」 推定39歳 1984年9月20日 インドより来園
    「スーリヤ」 推定22歳 2001年4月5日 インドより来園
    「ウタイ」 18歳 2002年10月11日 タイより来園

4.国内の飼育状況(2015年12月31日現在)

41園館91頭(オス21、メス70)
資料:2015年国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

問い合わせ先

(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

 

〔参考〕

アジアゾウ(長鼻目 ゾウ科)

(ワシントン条約附属書第1、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧種))
※条約附属書第1の正しい表記はローマ数字です。

  • 学名
    Elephas maximus
  • 英名
    Asian Elephant
  • 分布
    南~東南アジア、および中国
  • 形態
    体重3~6トン、体高2~4メートル。体色は灰色もしくは灰褐色。加齢とともに皮膚の色素が抜け、体色の薄い部分が目立ってくることがあります。一般的にメスの牙(切歯)は小さく、オスの方が大きく目立ちます。雌雄ともに全く生えない個体もいます。エサを食べるための臼歯は一生の間に5回生え変わります。鼻先の上部に突起がひとつあり、爪は前肢5個、後肢4個。頭の横の部分に側頭腺と呼ばれる分泌腺があり、興奮時などに液体が分泌されます。
  • 生態
    森林に生息し、植物を食べます。5~10頭のメスとその子どもによる群れで行動します。メスは10歳程度で繁殖可能となり、妊娠期間は630~660日程度。産仔数は1頭。オスは成長すると群れを離れて単独で行動します。オスには年1回程度、「マスト」と呼ばれる興奮期がありますが、繁殖行動との関係は明らかではありません。

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.