ここから本文です。

報道発表資料  2016年11月25日  総務局

「20時完全退庁」等の実施状況について

東京都が平成28年10月14日から開始した「20時完全退庁」等、本庁舎における都職員の残業削減の取組状況をとりまとめましたので、お知らせします。

実施状況

20時完全退庁開始1カ月間の状況(10月14日~11月14日 カードタッチ記録より 別紙1(PDF:191KB)

20時30分以降の退庁者は10%以下(ただし20時30分以降の退庁者の平均退庁時刻は、概ね22時40分)

  • 最も少ない日 594人(初日・10月14日)
  • 最も多い日 1,108人(11月8日)
  • 期間平均 890人(都庁舎に勤務する職員約1万人の約1割)

※超過勤務以外の職員100人程度が含まれているものと推計

10月以降の超過勤務時間数の実績は未確定(10月の実績→12月確定)

職場ごとの取組状況・職員の声(別紙2

【肯定的意見の例】
「帰りやすい雰囲気ができた」「付き合い残業がなくなった」「仕事のやり方が変わった」

【問題提起の例】
「質の低下が心配」「残業せざるを得ない仕事もある」「もっと抜本的な対策が必要」

【参考】「残業ゼロ」に向けたこれまでの取組

残業削減マラソン(10月~)

(各局の自律的・主体的取組を強化)

  • 各局で超勤縮減の計画・目標を設定
  • モデル職場指定

(全庁あげたPDCAサイクル)

  • 「都庁超勤対策チーム」(政策・総務担当部長。11月17日~「都庁働き方改革推進ミーティング」(政策・総務担当部長、総務担当課長、人事担当課長)を設置し、統合)で定期的に状況確認

20時完全退庁(10月14日~)

  • 17時45分
    定時チャイム
  • 20時00分
    「20時退庁」を知らせる放送
  • 20時15分
    15分おきに全庁一斉消灯(20時45分まで)
  • 20時30分
    出口で「カードタッチ」(所属・氏名・退庁時刻記録)開始

問い合わせ先

総務局人事部職員支援課
電話 03-5388-2462

 

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.