ここから本文です。

報道発表資料  2017年10月11日  建設局, (公財)東京都公園協会

東白鬚公園・汐入公園 みんなの防災まつり

この度、東白鬚公園と汐入公園が連携し「みんなの防災まつり」を開催いたします。園内にある防災プログラムを体験しながら、防災について楽しく学んでいただくことを目的としたイベントです。震災時に必要な「技」や「知識」をゲーム感覚で楽しみながら学び、身につけていただけるような、様々なプログラムをご用意致しました。お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

写真 写真 写真
ディフェンスアクション 防災かまどベンチ展示 水上バス乗船体験

1 日時

平成29年11月11日(土曜日)
10時00分~14時00分

※荒天中止
当日8時30分までに開催の可否を決定します。8時30分以降に当公園ツイッターでお知らせします。不明な場合は、お電話にてお問合せ下さい。

2 場所

東白鬚公園(墨田区堤通二丁目)多目的広場 周辺
汐入公園(荒川区南千住八丁目)多目的広場・南駐車場

3 内容 ※荒天時イベント内容に一部変更あり

両公園共通

  • 東京水辺ラインによる水上バス乗船訓練(12時00分発予定)
    災害時に救援物資等の輸送を担う「防災船」として活躍する水上バスの乗船訓練を実施します。
    ※12時00分までに東白鬚公園、汐入公園両公園のイベントに参加していただいた方を対象に先着100名まで受付予定。
  • 防災普及啓発ブース
    公園協会の防災への取り組みをご紹介致します。

東白鬚公園

  • 段ボールで椅子づくり
    災害時は公民館や体育館などの椅子の無い場所への非難が想定されますが、床等に座るのがつらい人もいます。段ボールを使って椅子を作る方法を学びましょう。
  • ズボンでリュックサックを作ろう!
    リュックサックはたくさんの荷物を持ち運ぶことができ、両手が空くので、災害時には非常に役立つグッズとなります。その作り方を学びましょう。
    写真
    リュックサック(イメージ)
  • インスタントスリッパづくり
    がれきから足を守ったり、寒さ対策に有効な「スリッパ」を新聞紙を使って作ってみましょう!
  • 「非常用持ち出し品」スタンプラリー
    災害が起こったら、何を持ち出せば良いのかな?
    非常時のために用意しておいた方が良い持ち出し品をスタンプラリーをしながら確認しましょう。
  • 起震車体験(10時30分~11時30分)
    大きな地震を体感してみよう!
  • 向島消防署PRブース(10時00分~11時30分頃)
    消火器体験・ポンプ車展示 等

汐入公園

  • ディフェンスアクション
    サッカーやフットサルをしながら防災・減災を体感するワークショップです。
    防災について楽しく学ぶことができる、ちょっと変わった「防災訓練」です。
  • かまどベンチ展示
    普段ベンチとして使っている「かまどベンチ」って災害時にはどうやって使うの?
    実際に炊き出しを行い、デモンストレーションします。
  • 防災ふろしきづくり
    災害時に必要な持ち出し品を考えよう!
    汐入公園オリジナル「持ち出し品スタンプ」で、自分だけの「防災ふろしき」を作りましょう。
  • 南千住警察署PRブース
    ミニパト展示・制服試着体験 等
  • 荒川消防署PRブース
    起震車・ポンプ車展示・煙ハウス・水消火器 等

4 参加費

無料

5 後援

墨田区、荒川区

6 協力

向島消防署、荒川消防署、南千住警察署、芝浦工業大学 すみだの`巣`づくりプロジェクト

東白鬚公園について

住所

墨田区堤2-2-1

交通

東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵」駅下車 徒歩10分
駐車場なし

問い合わせ先

東白鬚公園サービスセンター 電話:03-3614-4467

ホームページ

公園へ行こう!東白鬚公園(外部サイトへリンク)

公式Twitter

都立東白鬚公園 @ParksHigashishi

汐入公園について

住所

荒川区南千住8-13-1

交通

JR常磐線、東京メトロ日比谷線つくばエクスプレス「南千住」駅下車 徒歩12分
駐車場(有料)

問い合わせ先

汐入公園サービスセンター 電話:03-3807-5181

ホームページ

公園へ行こう!汐入公園(外部サイトへリンク)

公式Twitter

都立汐入公園 @ParksShioiri

開催場所について

図

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.