ここから本文です。

報道発表資料  2017年10月30日  生活文化局

〔別紙〕

防火・防災

感震ブレーカーの設置義務化を

感震ブレーカーの設置を義務づけたらどうでしょうか。

取組

このたびは、感震ブレーカーに関する御意見をいただき、ありがとうございます。
感震ブレーカーについて、都の取組を御説明します。
感震ブレーカーは、地震発生時の電気火災防止には一定の効果があると認識しておりますが、様々なタイプの機器があり、揺れと同時に電源が遮断され、避難に必要な電源が確保できないものや、在宅医療機器を使用している場合など、設置に際しては、機器の特徴やお住まいの状況等を十分に把握しておく必要がございます。
また、火災被害の防止には、初期消火力の強化や、木造密集地域の改善に向けた不燃化など延焼防止対策と併せた多重的な取組が重要でございます。
都といたしましては、これらの事業と併せて、感震ブレーカーの普及啓発を図って参ります。
今後とも、都の防災対策に御理解と御協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
(総務局)

取組

このたびは、感震ブレーカーに対する御意見をいただき、ありがとうございます。
感震ブレーカーについて、東京消防庁の取組を御説明します。
感震ブレーカーについては、地震発生時の電気に起因する火災の防止には一定の効果があると認識しておりますが、機器のタイプによっては作動の信頼性が低いものや、揺れと同時に電源が遮断され、避難に必要な照明等が確保できないものもあることから、設置の際には、その特徴を理解しておく必要がございます。
東京消防庁の対応状況については、住宅の建築確認に伴う消防同意時に、感震安全装置付きの配線器具の使用に努めるよう申請者に通知するとともに、広く都民に対し「地震に対する10の備え」の活用など周知を図り、感震ブレーカー等の設置も含め、地震発生時の出火防止対策に取り組んでおります。
引き続き、国の動向等を踏まえ、地震発生時の出火防止対策に取り組んで参ります。
今後とも東京消防庁の防災対策に御理解と御協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
(東京消防庁)

医療機関の感染症(HIVやその他)の情報・受け入れの充実を

HIV陽性者です。先日、夜中に怪我をしてしまい、自分では出血を止められなかったため#7119に電話して相談しました。
その際、オペレーターの方に「HIVポジティブです」と伝えたところ「どこでも受け入れてもらえるので大丈夫でしょう」と言われたにもかかわらず、夜間救急診療を受け入れていると案内された5つの医療機関のうち、最初に電話したところで「HIVポジティブ」を伝える前は「大丈夫ですよ」というお返事だったにもかかわらず伝えたとたんにお断りされてしまいました。理由は消毒が行き届かないとのことでした。
受け入れられない病院に無理に受け入れてということにはいきませんが、せめて案内する際に、受け入れ可能な病院に絞り込んだ案内が可能なようにシステムを整備していただきたいです。
5つしか案内されないため、もしもその5つが全てハズレだった場合、再度#7119にかけ直さなければいけないのでは大変ですし、1か所ダメで2か所目3か所目とかけ直すのも、今回のように怪我で出血が止まらない(押さえていれば垂れる程度のため救急車を呼ぶほどではないと思われる)場合に電話をするという行為は、手で電話機を扱うと傷口が押さえられないため、それほどの大けがでなくても出血が大変なことになってしまいます。是非とも御検討のほどよろしくお願いします。

対応

このたびは、東京消防庁救急相談センター「#7119」に対する御意見をいただき、ありがとうございます。
東京消防庁救急相談センターは、東京消防庁、東京都福祉保健局、東京都医師会及び救急医学の専門医が連携し、医療機関の案内や医学的見地に基づく傷病の緊急度等のアドバイスを行っています。
医療機関の案内につきましては、都内の救急医療機関から提供されるリアルタイムな診療可否情報に基づき、診療可能な医療機関をお近くから3つ程度御案内しています。ご案内した際に診療可能な情報であっても、傷病の状況や医療機関の事情等により受入れできないことを踏まえ、必ず医療機関に受入れの確認連絡をしてから受診することをお願いしています。
今回いただきました意見につきましては、救急相談センターとして真摯に受けとめ、関係機関と情報共有するとともに、受入体制の充実に向けて、適正な診療情報の提供について医療機関への周知に努めるなど、救急相談センターのサービス向上に努めて参ります。
今後とも東京消防庁救急相談センターに御理解と御協力をいただきますよう、よろしくお
願いいたします。
(東京消防庁、福祉保健局)

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.