ここから本文です。

報道発表資料  2017年10月30日  生活文化局

〔別紙〕

道路・交通・港湾・空港

都バスの燃料電池バスに乗って思ったこと

楽しみにしていた、燃料電池バスに昨日乗りました。新しい技術に感動の、短くても楽しい時間でした。しかし、残念に思ったことがありました。

  1. アピールが不足している。
    都バスの時刻表に燃料電池バスの記載が無いこと。燃料電池バスを探すのは大変でした。
    また、バス停にも、バスの中にも燃料電池バスが走っていること、「このバスは全く新しいバスです」というアピールが無いこと。ほとんどの人が、何も気付かずバスに乗っていました。
  2. シートクッションが薄い。
    銀座の段差のある道ではお尻が痛いです。
  3. 車内案内が聞こえない。
    後方に座っていると、車内案内がエアコンの音に掻き消されて、聞こえませんでした。
    バスの車内中間部分にも、案内ディスプレイが必要と思いました。

取組

このたびは、燃料電池バスに対する御意見をいただき、ありがとうございます。都の取組について御説明いたします。

  1. 燃料電池バスのアピール
    交通局では、今年の3月21日より燃料電池バス2両を日本で初めて営業運行しております。当該車両の車内では燃料電池バスであることを示す掲示を行うとともに、燃料電池バスの仕組みを説明したチラシを置くなど、認知度向上に努めております。
    また、東京駅丸の内南口の停留所時刻表には、燃料電池バスの時刻がわかるよう表示いたしました。さらに、燃料電池バスの運行状況については、交通局ホームページの「都バス運行情報サービス」(外部サイトへリンク)にて御案内いたしております。
  2. シートクッション
    燃料電池バスは新しいバスをコンセプトとして製作され、シートには欧州で広く利用されている軽量化・独立化されたタイプのものを採用しております。今回いただきました御意見につきましては、今後の車両設計の参考とさせていただきます。
  3. 車内中間部分の案内ディスプレイ
    都営バスでは、情報案内のさらなる充実に取り組んでおり、御指摘の車内中間部分については、次のバス停名や4つ先までのバス停名、運行中の路線図、鉄道への乗り換えなどの案内を行うディスプレイを、今後一部の車両で設置する予定となっております。
    今後とも、都営バスの御利用をお待ちいたしております。
    (交通局)

 

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.