ここから本文です。

報道発表資料  2019年09月26日  都市整備局

「鉄道駅バリアフリーに関する優先整備の考え方」について

東京都は、誰もが安心してまちに出られるようなバリアフリーのまちづくりを進めていくため、区市町や鉄道事業者への補助を通じて、鉄道駅のバリアフリー化に取り組んでいます。
更なるバリアフリー化に向けて、都民のみなさまから頂いたご意見等を参考に「鉄道駅バリアフリーに関する優先整備の考え方」を取りまとめましたのでお知らせいたします。
今後も、こうした取組を通じて、鉄道駅のバリアフリー化を積極的に促進してまいります。

1 「鉄道駅バリアフリーに関する優先整備の考え方」の概要

  • 特別支援学校や病院などの駅周辺の特性及びホームの狭さなどの駅の特性を考慮した優先整備の視点を提示
  • これに基づき、鉄道事業者に整備計画の策定を依頼
  • 整備計画の実現を支援するため、ホームドアでは利用者10万人未満の駅に、エレベーターでは複数ルート・乗換ルートの整備に補助の拡大・充実を図り、取組を加速

2 その他

「鉄道駅バリアフリーに関する優先整備の考え方」は、都市整備局ホームページにおいて、ご覧になれます。
都市整備局ホームページ

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱6 誰もが優しさを感じられるまち」

問い合わせ先
都市整備局都市基盤部交通企画課
電話 03-5388-3307

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.