トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 10月 > 福島の子供たちを東京スイソミルに招待 バスツアー開催

ここから本文です。

報道発表資料  2019年10月29日  環境局

「福島の子供たちを東京スイソミルに招待!」
バスツアーを開催します(参加無料)

東京都と公益財団法人東京都環境公社は、福島県との間で連携協定を結び、福島県産CO2フリー水素の活用とそれを通じた福島県内の再生可能エネルギー導入の推進に取り組んでいます。その一環として、福島県の子供たちを水素情報館「東京スイソミル」に招待し、水素エネルギーへの理解を深め、福島が復興する未来の姿を感じてもらうためのバスツアーを開催します。4回目の開催となる今回は初めて福島県いわき市を発着とします。東京スイソミルの他パナソニックセンター東京を見学し、東京2020オリンピック・パラリンピックに関連した展示に触れ、大会を身近に感じてもらう内容にもなっています。詳細は別添のチラシ(PDF:1,579KB)をご覧ください。

イメージ画像

日時

令和2年1月18日(土曜日)

募集対象

福島県内の小学生及び保護者

募集人数

40名程度
※応募者多数の場合は抽選となります
※大人の方は1組につき1名まで
※1組最大4名まで

参加費用

無料(ただし、昼食代は自己負担となります)

ツアー行程

  • 7時30分 福島県いわき駅出発(7時15分集合)
  • 11時15分 水素情報館「東京スイソミル」見学 ※ワークショップを含め90分
  • 13時15分 お台場地域の商業施設で昼食 ※90分
  • 15時00分 パナソニックセンター東京見学 ※ワークショップを含め110分
  • 21時00分 福島県いわき駅到着

募集期間

令和元年11月1日(金曜日)から12月9日(月曜日)まで

申込方法

詳細及び申込はホームページ(外部サイトへリンク)を参照

キャラクターの画像1

見学施設

キャラクターの画像2

1 水素情報館「東京スイソミル」

目に見えない水素のことや水素社会の将来像を見て触って体験しながら、楽しく学ぶ総合的な学習施設です。

  • 1階は6つのゾーンで構成され、各コーナーではキャラクターと一緒に体験やタッチパネルによるクイズをしながら水素エネルギーを学びます。
  • 2階は自転車で作った水素で燃料電池ラジコンカーや木登り人形を動かします。また、企業の最新技術や製品に触れる展示コーナーもあります。
  • 屋外は燃料電池車、シティチャージ(太陽光で作った電気で携帯電話を充電)で水素や太陽光発電のエネルギーを体験できます。

東京スイソミルの画像1

東京スイソミルの画像2

東京スイソミルの画像3

2 パナソニックセンター東京

東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される東京ベイゾーンにある展示・体験施設です。

  • 1階はオリンピック・パラリンピックを「スポーツ」「文化」「教育」の3つのテーマで体験することができます。
    • スポーツ
      東京2020大会から追加種目となった新競技を体験しよう!
    • 文化
      日本の色や衣食住を学ぼう!
    • 教育
      オリンピズムをはじめ、世界の多様な価値観や課題などを学ぼう!
  • 2・3階の「リスーピア」は、理数の魅力とふれあえる体験型ミュージアムです。理数の原理・法則を楽しみながら学ぶことができます。

パナソニックセンター東京の画像1

パナソニックセンター東京の画像2

パナソニックセンター東京の画像3

 

問い合わせ先
(スイソミルバスツアーに関すること)
公益財団法人東京都環境公社総務部経営企画課
電話 03-3644-2166
(東京都の水素エネルギー推進施策に関すること)
環境局地球環境エネルギー部水素エネルギー推進担当
電話 03-5388-3421
(福島県内の対応に関すること)
福島県商工労働部産業創出課
電話 024-521-8286

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.