ここから本文です。

令和元年(2019年)11月26日更新

報道発表資料

男女平等

相談窓口での難聴者の対応

私は感音性難聴があり、電話でのコミュニケーションが困難です。DV(ドメスティック・バイオレンス)の相談をする窓口がホームページでは全部電話となっています。予約・相談方法を掲載していただきたいです。

取組

このたびは、大変御不便をお掛けしてしまいましたことを、おわび申し上げます。
東京ウィメンズプラザの相談は基本的には電話相談となっておりますが、電話での相談が難しい方は、面接による相談を行っています。
御指摘を踏まえ、電話をすることが困難な方のために、Eメールでの面談のお申込み方法について、早速、ホームページに掲載いたしました。
東京ウィメンズプラザといたしましては、引き続き、どなたでも気軽に相談しやすい環境の整備に取り組んで参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
(生活文化局)

説明

東京都のDV相談窓口は、東京ウィメンズプラザと女性相談センターの2つがあり、役割分担の下に互いに連携して支援を行っています。
電話での御相談が難しい方は、東京ウィメンズプラザのホームページで、Eメールにより来所相談の予約ができることを御案内しております。
また、区市町村においても来所による相談を実施しております。
なお、今回の御意見を受け、福祉保健局ホームページでも電話が困難な方のためのウィメンズプラザの連絡先を掲載いたしました。
(福祉保健局)

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.