トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成31年 令和元年(2019年) > 12月 > 人権問題都民講座「スポーツと共生社会」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2019年12月23日  総務局, (公財)東京都人権啓発センター

令和元年度人権問題都民講座
「スポーツと共生社会 東京2020大会を迎えるにあたって」の開催について

「人権連続講座2020 オリンピック・パラリンピックに向けて」(全6回)の第一回として、首都大学東京の舛本直文特任教授を講師とする都民向け講座を開催いたします。オリンピック・パラリンピックを巡ってこれまでに起きてきた様々な出来事や、その後の社会の変化などについて講師が解説し、スポーツとスポーツイベントが社会に及ぼす影響について、人権の視点から理解を促します。例えば、女子競技と女性との社会進出の関係、人種や民族、地域格差など、オリンピック・パラリンピックがこれまで直面してきた問題について取り上げます。
また、連続講座全体のコンセプトにもつながるオリンピック・パラリンピックの「レガシー(遺産)」という考え方について解説し、今回の東京2020大会を通じて、私たちは何を手にすることができるのかを、様々な視点から考える機会とします。

1 名称

令和元年度第5回人権問題都民講座
「スポーツと共生社会 東京2020大会を迎えるにあたって」

2 日時

令和2年1月30日(木曜日)午後6時45分から午後8時30分まで
(開場:午後6時15分)

3 会場

東京都人権プラザ 1階 セミナールーム
(港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階)

4 講師

舛本直文氏
首都大学東京オープンユニバーシティ特任教授。特定非営利活動法人日本オリンピック・アカデミー副会長。専門はスポーツ哲学、オリンピック文化論。
1950年広島県生まれ。東京教育大学大学院体育学研究科修士課程修了。筑波大学、東京都立大学を経て、2007年より首都大学東京教授。2016年より現職。

5 主催

東京都人権プラザ(指定管理者:(公財)東京都人権啓発センター)

6 参加方法

要事前申込み。定員80名(応募多数の場合は抽選)。参加無料。
【参加申込先】東京都人権プラザ
電話 03-6722-0123
ファクス 03-6722-0084
Eメール fukyu3103(at)tokyo-jinken.or.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
※ファクス・Eメールでお申し込みの場合は、件名に講座名を明記のうえ、(1) 代表者名(2) 参加人数(3) 住所または所属団体(4) 電話番号をご記入ください。

7 申込締切

令和2年1月22日(水曜日)

8 その他

手話通訳あり。託児保育(要事前申込み。詳細はお問合せください。)

9 フォローアップ企画

令和2年1月30日(木曜日)午後4時30分~午後5時45分
(講座当日、本講座に先行してテーマに関連する映像作品を上映)

10 開館時間の延長

東京都人権プラザ1階の開館時間を、以下のとおり延長します。
令和2年1月30日(木曜日)(都民講座開催日)

  • 通常開館時間 午前9時30分から午後5時30分まで
  • 延長後開館時間 午前9時30分から午後9時00分まで

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱6 誰もが優しさを感じられるまち」

問い合わせ先
(公財)東京都人権啓発センター普及情報課
電話 03-6722-0123
総務局人権部人権施策推進課
電話 03-5388-2588

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.