トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和2年(2020年) > 2月 > 「燃料電池バス(FCバス)で巡る!水素ツアー」を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2020年02月03日  都市整備局

『燃料電池バス(FCバス)で巡る!水素ツアー』の実施について

2020年9月以降の晴海五丁目西地区(HARUMI FLAG)では、水素エネルギーなどの新技術の活用により、環境に配慮した持続可能性を備えた、環境先進都市のモデルとなる都市の実現を目指しています。
これに先立ち、脱炭素社会の切り札となる水素エネルギーについて、多くの方々にその大きな可能性を知っていただくために、このたび、FCバスで水素関連施設などを巡る周遊ツアーを実施することといたしましたので、お知らせします。

燃料電池バスの写真

FCバス

(1) ツアーの概要(予定)

概要

水素エネルギーに関連する官民施設を燃料電池バスで巡り、まちづくりにおける水素活用の具体的な取組や、水素エネルギーの有用性、最新技術を紹介します。

実施期間

令和2年7月19日(日曜日)~9月5日(土曜日)

実施日

上記期間中の水曜日・土曜日・日曜日・祝日

実施時間

午前便10時00分~12時00分(訪問先2個所)、午後便14時00分~17時00分(訪問先3個所)

訪問先

  1. インフォメーション施設(中央区晴海…仮設水素ステーション敷地内)
  2. 水素情報館東京スイソミル(江東区潮見)
  3. TOKYOミナトリエ(江東区青海)もしくはパナソニックセンター(江東区有明)
    訪問先のイメージ画像

    訪問先とルートのイメージ

※豊洲駅発着
※3.は午後便のみ

参加費

無料

申込方法

令和2年4月1日(水曜日)より東京都のホームページにて募集を開始します。

(2) ツアーのポイント

  • HARUMI FLAGにおける水素エネルギーの利活用をわかりやすく解説します!
  • インフォメーション施設では、FCバスへの水素充填を見学できます!
  • インフォメーション施設は、本ツアー参加者だけが立ち寄ることのできる施設です!
  • 水素情報館東京スイソミルでは、全国の自治体【注1】の水素社会の実現に向けた様々な取組や、選手村地区エネルギー事業者【注2】の水素に関する最新技術を紹介する特設展示を行います!
    【注1】福島県、山梨県、神戸市、北九州市・福岡県、周南市・山口県
    【注2】東京ガス(株)、JXTGエネルギー(株)、パナソニック(株)、(株)東芝

本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱6 多様な機能を集積したまちづくり」

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部企画課
電話 03-5320-5112

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.