トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和2年(2020年) > 2月 > 地域資源発掘型実証プログラム事業 新規アイデア等募集

ここから本文です。

報道発表資料  2020年02月04日  産業労働局, (公財)東京観光財団

魅力ある地域資源を活かして観光客を呼び込む「地域資源発掘型実証プログラム事業」(第3回募集)
新規アイデア(企画案)を募集します

東京都と(公財)東京観光財団では、地域資源を活用し、旅行者誘致につなげていく「地域資源発掘型実証プログラム事業」を実施しています。このたび、都内の各地域から、地域資源を活用するための本年度第3回目のアイデア(企画案)の募集を開始します。
また、昨年9月に第2回目の募集を行い、採択した5件の採択事業を公表いたします。
別紙(PDF:200KB)参照)

1 募集の概要

(1) 応募対象者

都内観光協会、民間事業者、NPO法人、大学、町会・自治会などの地域の団体など
3者以上が共同で応募
※地域で主体となって観光まちづくりに取り組む団体など(観光協会、商工会、商工会議所等)を必ず1者以上含むことが条件

(2) 募集する企画案

東京都内における、観光資源の発掘や既存の観光資源の磨き上げの取組【注1】による、
以下のプログラム企画案を募集します。

  1. 地域における特産品の企画・開発
  2. 旅行者誘致イベントの企画・実施
  3. 着地型旅行商品の企画・造成【注2】
  4. その他、(公財)東京観光財団が必要と認めるもの

【注1】磨き上げの取組
既にある地域資源に対し、当事業を通じて改善(磨き上げ)し、新たな商品、イベント開催等にすることで一層の旅行客誘致に繋げる取組。

【注2】着地型旅行商品
旅行者を受入れる地域が、その地域が持つ観光資源を活かして企画する形態の旅行(体験プログラムやツアーなど)を商品化したもの。

(3) 事業の流れ

  • 審査の上、事業を採択します。採択後、協議会を設立し、意思決定、合意形成を行いながら事業を進めます。
  • (公財)東京観光財団が、共同提案者のうち1者を委託契約先候補として設定し、所定の審査を経たうえで事業を委託、アイデア(企画案)の事業化を図ります。

1.事業フロー

事業の流れの概要図

2.スケジュール(第3回募集)

スケジュールのイメージ画像

(4) 事業実施期間

令和2年(2020年)3月~同年9月上旬

(5) 選定事業数

7事業程度

(6) 提案限度額

各区市町村での取組(単域)

600万円
※下記条件を満たせば、各50万円の増

  1. 外国人対応の取組
  2. 地域の子供達が街への誇り・愛着を深める取組
  3. 未実施地域での取組
  4. インフラを活用したルート造成の取組

複数の区市町村にまたがる取組(広域)

1,000万円

2 募集期間

令和2年(2020年)2月4日(火曜日)~同年3月4日(水曜日)正午

3 申請方法

「簡易書留」により以下、宛先まで送付ください。(持参でも可)

QRコードの画像

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市」

問い合わせ先
(事業全般)
産業労働局観光部振興課
電話 03-5320-4768
(申請方法等)
(公財)東京観光財団地域振興部事業課
電話 03-5579-2682

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.