トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和2年(2020年) > 2月 > Tokyo技能五輪・アビリンピック2021大会基本計画策定

ここから本文です。

報道発表資料  2020年02月07日  産業労働局

Tokyo技能五輪・アビリンピック2021大会基本計画を策定しました

この度、令和3年度に東京都で開催する「Tokyo技能五輪・アビリンピック2021」(第59回技能五輪全国大会及び第41回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック))の大会基本計画を策定しましたので、お知らせします。

「Tokyo技能五輪・アビリンピック2021」大会基本計画のポイント

1 大会概要

技能五輪全国大会は、青年技能者(原則23歳以下)が、全国アビリンピックは、障害者(15歳以上)が、技能を競い合う大会です。東京都は、この2つの大会を通じて、青年技能者が日本のものづくりやサービス産業をリードする人材へと成長できるよう後押しするとともに、障害者の雇用の促進を図り、誰もが輝く社会の実現を目指します。

開催日程

令和3年12月17日(金曜日)から20日(月曜日)まで
※2大会を同時開催

予定会場

東京ビッグサイトをメイン会場とし、一部の競技は都・国・区・民間施設を活用

  • 都立職業能力開発センター
  • ポリテクセンター千葉、高度ポリテクセンター
  • 大田区産業プラザPiO
  • 武蔵野調理師専門学校、東京誠心調理師専門学校 ほか

2 大会の開催方針

次の4つの方針のもとで開催に取り組みます。

  1. 日本の産業を支える担い手の育成
  2. 障害者雇用の促進
  3. 衣・食・住・工の匠の技の魅力発信
  4. 全国との交流

産業人材の育成による日本の持続的な成長・発展

  • 東京をはじめとした各地域の産業をリードする中核人材の育成
  • 障害者の職域の拡大を図り、障害者雇用を促進

3 広報PR計画

一般公募により策定した大会スローガン、シンボルマーク、マスコットキャラクターを活用して、大会の認知度向上を図ります。

スローガン

「東京に 光るその技 開く夢」

シンボルマーク

シンボルマークの画像

マスコットキャラクター

キャラクターの画像

わざねこ

計画の詳細は、大会ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

QRコードの画像

2020年に向けた実行プラン事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部能力開発課
電話 03-5320-4705

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.