トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和4年(2022年) > 5月 > オミクロン株の亜系統の確認について(3264報)

ここから本文です。

報道発表資料  2022年06月01日  東京都新型コロナウイルス感染症対策本部

オミクロン株の亜系統「BA2.12.1系統」と「BA.5系統」、「BA.1系統とBA.2系統の組換え体」の確認について(第3264報)

東京iCDCでは、都内での変異株の発生状況を把握するため、「新型コロナウイルスのゲノム解析に関する検討チーム」を立ち上げ、東京都健康安全研究センター(以下、「健安研」という。)等において、都内における遺伝子変異の有無のスクリーニングを実施するとともに、ゲノム解析を行っています。
この度、健安研等においてゲノム解析を行った結果、新たに、オミクロン株の亜系統である「BA.2.12.1系統」を5例、「BA.5系統」を1例、「BA.1系統とBA.2系統の組換え体」を2例確認したため、下記のとおり、お知らせいたします。

「BA.2.12.1系統」の発生状況

  発症日 症状 海外リンク〔注1〕
1) 5月上旬 軽症 なし
2) 5月上旬 軽症 なし
3) 5月中旬 軽症 あり
4) 5月下旬 軽症 なし
5) 5月下旬 軽症 なし

〔注1〕海外への渡航歴がある者およびその濃厚接触者

「BA.5系統」の発生状況

  発症日 症状 海外リンク〔注2〕
1) 5月下旬 軽症 なし

〔注2〕海外への渡航歴がある者およびその濃厚接触者

参考

「BA.2.12.1系統」および「BA.5系統」と、既存のオミクロン株の比較

  • 感染者の増加の点で優位性がある可能性。
  • 重症度の増大については明らかになっていない。

「BA.1系統とBA.2系統の組換え体」の確認について

  発症日 症状 海外リンク〔注3〕
1) 5月中旬 軽症 なし
2) 5月中旬 軽症 なし

〔注3〕海外への渡航歴がある者およびその濃厚接触者

組換え体の多くは、既存のオミクロン株と比較して、感染性や重症度等の変化は明らかになっておりません。

参考

健安研における変異株PCR検査の実施状況

  検査数 BA.1 BA.2 BA2.12.1 BA.4 BA.5 判定不能
疑い 疑い 疑い 疑い 疑い
行政検査 394 0 337 1 0 0 56
モニタリング検査(戦略的検査) 68 0 46 1 0 0 21

健安研において、「BA.2.12.1系統」と「BA.5系統」等の発生状況をいち早く把握するため、同系統に対応した新たな変異株PCR検査を5月23日から開始いたしました。
この度、行政検査と都の独自検査であるモニタリング検査(戦略的検査)で採取した検体から、「BA.2.12.1系統」疑いをそれぞれ1例ずつ確認しました。
引き続き、都内における変異株の発生状況を、監視していきます。

関連情報

東京都防災ホームページ 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報

問い合わせ先
(東京iCDCに関すること)
福祉保健局感染症対策部計画課
電話 03-5320-4316
(患者発生に関すること)
福祉保健局感染症対策部防疫・情報管理課
電話 03-5320-4088
(モニタリング検査(戦略的検査)に関すること)
福祉保健局感染症対策部防疫・情報管理課戦略的検査推進担当
電話 03-5320-4485
(変異株スクリーニング検査の技術的部分に関すること)
東京都健康安全研究センター微生物部
電話 03-3363-3231

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.