ここから本文です。

令和元年(2019年)11月26日更新

報道発表資料

庁舎管理・利用案内

都庁展望室の接客

昨日、都庁展望室に、外国からのゲストを連れて訪問しました。店の会計には列ができていて、会計には店員が3人以上いるのに、急ぐ素振りもなく笑いながら対応しており、非常に不快でした。レジスターも1台閉じていました。
見兼ねた1人の女性が小走りに来てレジスターを開けて列を誘導し、客のひとりひとりに謝罪や丁寧に声掛けをし、対応しました。
会計の店員の私語のしゃべり声はよく聞こえてきました。外国からのゲストも日本の高いとされる接客レベルが低くて驚いていました。

説明

このたびは、展望室に対する御意見をいただき、ありがとうございます。
また、御不快な思いをされたことにつきまして、深くおわび申し上げます。
展望室では、来庁された方々や観光にいらした国内外の多くの方々に眺望を楽しみ、東京に親しみを感じていただくため、飲食や物販などのサービスの提供を行っております。
今回いただいた御意見を契機に、店舗関係者及びスタッフに対し、再度接遇のあり方について周知いたしました。
今後も、関係者一同で連携して、おもてなしの心を持って対応して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
(財務局)

都庁おもいでピアノの撮影・投稿

昨今ストリートピアノが全国的に設置拡大しており、その中でも都庁おもいでピアノは設置環境もピアノの質も良く、海外からの観光客には日本に親しみを持っていただく機会となっていると思います。
ただ、最近とても気に掛かることがあります。
演奏者は聴いてもらうために演奏をしているので撮影されてもまだいいのですが、見物している方々の肖像権を考えずに動画投稿サイトに投稿している方が多いと思います。
私も先日、都庁に行った際にピアノの後方で目立たないように見物していたところ、前にいた撮影者が突然くるっと向きを変えて観客を撮影し始め、私は映されてしまいました。
恐らく、撮影されたくないと感じている方は少なくないのではないでしょうか。
ある地方のストリートピアノは、看板に「観客を映さないでください」と書いてあるそうです。観客が映り込まない位置にカメラを置く台もあるようです。
観光客の肖像権という点において、永久に残る動画投稿サイトへの投稿には気遣いが必要との案内を是非お願いできませんでしょうか。

取組

このたびは、都庁おもいでピアノに対する御意見をいただき、ありがとうございます。
都庁おもいでピアノは、皆さまに弾いていただくことで、音楽を通じた交流を促すとともに思い出作りをしていただきたいという趣旨から、世界中の方々が訪れる展望室内に設置しております。
ピアノ演奏に関する撮影につきましては、他の来室者の方の御迷惑にならない範囲でお願いしているところですが、いただいた御意見も踏まえ、撮影に当たっての周りの方の映り込みに御配慮いただくようお願いを掲示することといたしました。
今後とも、皆さまの御意見をいただきながら、来室された方々に展望室を楽しんでいただけるよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
(財務局)

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.