トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和2年(2020年) > 1月 > 障害者スポーツ団体基盤強化事業 事例発表会を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2020年01月14日  オリンピック・パラリンピック準備局

「障害者スポーツ団体基盤強化事業」事例発表会の開催について
Tokyoパラスポーツ・サポートプロジェクト

東京都は、ビジネススキルを有した企業人等のボランティア活動を活用し、障害者スポーツ団体の課題解決を図る取組みを行っております。
この度、廣瀬俊朗氏をゲストにお迎えし、第1部で障害者スポーツとの様々な関わり方を考えるトークセッションを行うとともに、第2部では今年度本事業で実施したプロジェクトの成果について、事例発表いたします。また、第3部では障害者スポーツに関心のある参加者のネットワーク構築につなげていくための交流会を実施いたします。
障害者スポーツの普及や発展に向けたヒントを発見する機会にもなりますので、ぜひ、ご参加ください。

1 日時

令和2年2月13日(木曜日) 19時00分~21時00分

2 場所

東京ミッドタウン日比谷 6階BASE Q
(東京都千代田区有楽町一丁目1-2)

  • 東京メトロ千代田線「日比谷」駅A11出口(エレベーターあり)
  • 東京メトロ日比谷線「日比谷」駅A5出口(エレベーターあり)
  • 都営三田線「日比谷」駅直結(エレベーター使用なしで来場可能)

3 対象

障害者スポーツ団体関係者
障害者スポーツに関心のあるすべての方

4 内容

(1) 第1部 トークセッション 19時00分~19時50分

ラグビーや車いすラグビーの魅力を伝える活動を行ってきた廣瀬氏をゲストに迎え、東京2020大会後の障害者スポーツの普及や発展に向けたヒントについて、ラグビーワールドカップ2019TMの事例などを参考に一緒に考えます。

ゲストの写真

スペシャルゲスト 廣瀬俊朗氏
元ラグビー日本代表キャプテン
ラグビーワールドカップ2019TMアンバサダー
株式会社HiRAKU 代表取締役

(2) 第2部 事例発表 19時50分~20時30分

今年度プロジェクトを行った4つの障害者スポーツ団体が、支援を行った企業人等とともに団体の課題と展望、プロジェクトを通しての感想や手応えなどを発表します。

(3) 第3部 交流会 20時30分~21時00分

障害者スポーツに関心のある参加者同士が交流し、障害者スポーツの発展に向けた、次の一手を話し合う機会を提供します。

5 参加費

無料

6 募集人数

150名(事前申込制)

7 申込みについて

(1) 申込方法

Eメール、ホームページによりお申込みいただけます。申込多数の場合は、先着順となります。

  • メールアドレス
    info(at)nimaime.or.jp
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  • ホームページ(外部サイトへリンク)

(2) 申込期間

令和2年1月14日(火曜日)~令和2年2月11日(火曜日)

8 その他

内容・申込方法等の詳細は、別添チラシ(PDF:570KB)をご参照ください。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱8 誰もがスポーツに親しめる社会」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:大会気運醸成 プロジェクト名:大会を契機としたスポーツの裾野拡大」

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局パラリンピック部障害者スポーツ課
電話 03-5388-2877

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.