トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和2年(2020年) > 2月 > 新型コロナウイルスに関連した患者の発生(第11報)

ここから本文です。

報道発表資料  2020年02月13日  東京都新型コロナウイルス感染症対策本部

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第11報)

本日、都内において、今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の症例が確認されました。
この患者は、都内在住のタクシー運転手であり、2月12日に医療機関から、感染症を疑う症状があり、集中治療に準ずる治療が必要で直ちに特定の感染症と診断することができないと判断し、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要する症例として報告がされ、東京都健康安全研究センターにおいて検査を実施したものです。
本件について、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を確実に行ってまいります。

概要

(1)年代

70代

(2)性別

男性

(3)居住地

東京都

(4)症状、経過

  • 1月29日
    発熱、都内医療機関Aを受診(自転車で移動)
  • 1月30日から2月2日
    自宅療養
  • 2月3日
    症状が改善しないため、都内医療機関Aを再診(自転車で移動)、肺炎像を認め、都内医療機関Bを紹介され受診(自家用車で移動)
  • 2月4日から5日
    自宅療養
  • 2月6日
    都内医療機関Bを再診(自家用車で移動)し、そのまま入院(この間、インフルエンザ等の検査を実施していたが、特定の感染症と診断されず)
  • 2月12日
    検査依頼
  • 2月13日
    東京都健康安全研究センターにおいて、陽性判明

(5)備考

本人からの申告によれば、発症前14日以内に湖北省及び浙江省の滞在歴はない。なお、普段からマスクを着用してタクシーに乗務している。発症後は日常生活においてもマスクを着用しており、タクシーの乗務はしていないとのこと。

※患者・御家族の人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします。

都民の皆様へ

  • 新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。都民の皆様におかれましては、風邪や季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  • 湖北省及び浙江省から帰国・入国される方あるいはこれらの方と接触された方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所に連絡した上で、受診していただきますよう、御協力をお願いします。また、医療機関の受診にあたっては、湖北省及び浙江省の滞在歴があること又は武漢市に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。

多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について

  • 多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。

参考 コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。詳細は、国立感染症研究所の情報ページをご参照ください。

参考

関連情報

東京都防災ホームページ 新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第11報)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部感染症対策課
電話 03-5320-4482

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.