トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和2年(2020年) > 3月 > 両国防災船着場(大型船舶用・小型船舶用)を一般開放

ここから本文です。

報道発表資料  2020年03月26日  建設局, (公財)東京都公園協会

両国防災船着場(大型船舶用・小型船舶用)2か所を一般開放します

東京都では水辺の魅力向上に向けて舟運の活性化に取り組んでおり、平常時に一般の船舶が利用できるように、これまで隅田川で、6箇所の防災船着場を一般開放してきました。
今般、両国リバーセンター整備事業【注】の工事に伴い、平成30年2月から休止している大型船舶用の両国防災船着場の利用を再開するとともに、新たに整備した小型船舶用の防災船着場を一般開放します。また、防災船着場の一般開放と合わせて、舟運利用者のための待合所の使用も開始します。

【注】両国リバーセンター整備事業とは、
東京都と墨田区の保有する公有地において、民間活力の導入によるホテルやレストランを有する複合施設を建設するとともに、施設と一体的なスーパー堤防の整備や多様な水上ルートにも活用できる防災船着場の増設により、水辺とまちが結びつくような魅力ある水辺空間を創出するものです。なお、待合所は、複合施設内に設置されます。

開放する船着場

施設

両国防災船着場(隅田川左岸)

所在地

東京都墨田区横網一丁目地先

形状

大型船舶用(既設)浮桟橋形式 長さ30メートル、幅5メートル
小型船舶用(新設)浮桟橋形式 長さ20メートル、幅5メートル

実施内容

実施日

令和2年7月18日(土曜日)から毎日(年末年始を除く。)

利用時間

午前9時00分から午後10時00分まで
待合所は午前9時00分から午後6時00分まで

対象船舶

大型船舶用 全長30メートル、喫水2メートルまでの動力船(水上バイクを除く)
小型船舶用 全長20メートル、喫水2メートルまでの動力船(水上バイクを除く)

利用方法

予約制(受付開始日時:令和2年5月1日)

利用料金

以下のとおり

種別 料金 都の防災船着場を1日2回利用する場合の取扱い
定員45名以上 5,000円/回 8,000円(20%割引)
定員26名以上44名以下 2,000円/回 3,000円(25%割引)
定員13名以上25名以下 1,000円/回 1,500円(25%割引)
定員12名以下 600円/回 900円(25%割引)

非営業船は、船舶の長さに応じ2,000円/回 又は1,000円/回

予約先

公益財団法人東京都公園協会水辺事業部水辺ライン課
電話受付 03-5608-8955
受付時間 午前9時00分~午後5時00分(平日)

船着場の写真1

大型船舶用(既設)

船着場の写真2

小型船舶用(新設)

案内図

案内図
JR総武線 両国駅西口 徒歩3分

待合所のイメージ画像

待合所イメージ
(国技館通り側から隅田川を望む)

位置図

位置図

問い合わせ先
(一般開放の方針に関すること)
建設局河川部指導調整課
電話 03-5320-5405
(管理運営及び利用に関すること)
(公財)東京都公園協会水辺事業部水辺ライン課
電話 03-5608-8955

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.