トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和2年(2020年) > 3月 > テレワーク導入モデル体験の企業を募集(第125報)

ここから本文です。

報道発表資料  2020年03月27日  東京都新型コロナウイルス感染症対策本部

テレワーク導入モデル体験の企業を募集します!(第125報)

時差出勤やテレワークなどに取り組む「スムーズビズ」は感染症対策としても効果的です。このため、東京都は、新たにテレワークの導入を検討している企業等に対して、無償で端末等を1か月程度貸与し、テレワークを体験いただく企業を4月1日より募集します。ぜひご活用ください。

1 対象

テレワーク導入を検討している都内の中堅・中小企業等
(従業員数2人以上999人以下の企業等。その他要件あり。)

2 募集期間

令和2年4月1日(水曜日)から7月31日(金曜日)まで(予定)

3 募集数

1,000社

4 費用

無料

5 貸与機器

テレワーク用の端末を1社当たり1台貸与(1か月)

6 事業の流れ

  1. お申込み
    募集要件の確認
    東京テレワーク推進センターWEBサイトでのお申込み
  2. 環境確認
    ICT環境、利用シーンの確認等
  3. 機器の貸与
    テレワーク機器一式を貸与(郵送)
  4. スタッフの訪問・利用方法説明等
    支援スタッフ訪問による、貸与機器の利用方法の説明
    必要に応じて企業内の必要な端末の設定支援 等
  5. テレワークの体験
    貸与機器の活用(1か月)
  6. 機器の返却
    郵送による貸与機器の返却
    アンケートへ回答

※貸与期間中の操作方法等の不明点は、電話、Eメール又はWEB会議等によりご相談が可能です。
※体験後は、テレワークの本格導入に向けて、都が行っている他の支援策をご利用いただけます。

7 貸与機器等について

  • 東京都からはテレワーク用の端末(ノートパソコン)を1社当たり1台貸与します。
  • 貸与する端末には、企業のICT環境等を踏まえたツールセットを予めインストールの上、必要な設定を行います。

ツール等の例

  • リモートデスクトップツール
  • WEB会議システム
  • チャットツール
  • ファイル共有ツール
  • 勤怠管理ツール
  • セキュリティツール

※希望により端末とは別にポケットWi-Fiも貸与します。
※希望により都から貸与する端末とは別に、体験利用に必要な範囲内で、会社内の端末についても必要な設定を行います。
※端末の貸与ではなく、企業が所有する端末をテレワーク用に活用される場合は、当該端末にツールをインストールすることも可能です。

8 申込方法

東京テレワーク推進センターウェブサイトの専用ページにてお申込ください。
https://tokyo-telework.jp/lp/try2020/index.html
※4月1日から、閲覧可能です

スムーズビズとは

東京都は、快適な通勤環境や企業の生産性の向上を図る新しいワークスタイルや企業活動の東京モデルを「スムーズビズ」とし、全ての人々がいきいきと働き、活躍できる社会の実現に向け、東京2020大会の交通混雑緩和に向けた交通需要マネジメント(TDM)とテレワーク、時差Bizなどの取組を一体的に推進しています。

関連情報

東京都防災ホームページ テレワーク導入モデル体験の企業を募集します!(第125報)

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部労働環境課
電話 03-3868-3401

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.