トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和2年(2020年) > 6月 > クラウドファンディング 事業資金調達応援(第464報)

ここから本文です。

報道発表資料  2020年06月10日  東京都新型コロナウイルス感染症対策本部

クラウドファンディングを活用した事業資金の調達を応援します!(第464報)
感染症による影響を踏まえ、助成制度を拡充

東京都は、創業やソーシャルビジネス等への挑戦を促進するため、クラウドファンディング(以下「CF」という。)を活用した資金調達を支援しており、手数料の助成や相談窓口の設置等を行っています。
令和2年度の手数料助成の申請受付を6月11日(木曜日)から開始するのにあわせ、新型コロナウイルス感染症に対応した特例措置を行いますので、お知らせします。

クラウドファンディング(CF)活用のメリット

  • 資金調達の多様化
    融資や補助金以外の手段で資金調達ができる
  • 広告・PR効果
    事業開始前に、ファンや見込み客を集めることができる
  • テストマーケティング
    資金提供者の反応や意見を聞いて、ニーズを把握できる

1 手数料助成の対象者

次のいずれかに該当する創業希望者または中小企業者(都内で行う事業に限る。)

  1. 創業の計画がある者又は創業から5年未満の者
  2. 新製品・新サービスの創出に挑戦する者
  3. 「『未来の東京』戦略ビジョン」の戦略に寄与するソーシャルビジネスを行う者

※個人事業主、株式会社、NPO法人、一般社団法人などが対象となります。

2 助成率 ※特例は今年度拡充

【原則】CF事業者に支払う手数料の2分の1(上限額30万円)
【特例】以下のいずれかに該当する場合は、手数料の3分の2(上限額40万円)

  • 感染症に伴い、発生・顕在化した社会的課題の解決に資するソーシャルビジネスを行う者
  • 感染症により経営に影響を受けている、令和2年1月1日以降に創業した者

助成の利用の流れの概要図。手数料助成の利用の流れ。1.プロジェクト立案。2.CF事業者を選択。【相談窓口・セミナー】。3.プロジェクト公開・資金募集。4.資金受け取り・手数料支払【手数料の助成】。5.助成金支給

手数料助成の利用の流れ

3 CF事業者(9事業者10サイト)

(運営サイト名のアルファベット順)
運営サイト名 事業者名
運営サイトのロゴ画像1 株式会社朝日新聞社
運営サイトのロゴ画像2 株式会社CAMPFIRE
運営サイトのロゴ画像3 株式会社CAMPFIRE
運営サイトのロゴ画像4 株式会社GoodMorning
運営サイトのロゴ画像5 株式会社ワンモア
運営サイトのロゴ画像6 株式会社グローバル・デイリー
運営サイトのロゴ画像7 きびだんご株式会社
運営サイトのロゴ画像8 株式会社マクアケ
運営サイトのロゴ画像9 株式会社MotionGallery
運営サイトのロゴ画像10 READYFOR株式会社

参考 事業の仕組み

事業の流れの概要図

関連情報

東京都防災ホームページ クラウドファンディングを活用した事業資金の調達を応援します!(第464報)

問い合わせ先
産業労働局金融部金融課
電話 03-5320-4804
(事業に関する相談窓口)
CF資金調達支援事務局(銀座セカンドライフ(株))
電話 03-6403-9225
専用サイト(助成金申請)
https://entre-salon.com/crowdfunding/

QRコードの画像

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.