トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/令和4年(2022年) > 4月 > 宿泊施設バリアフリー化セミナー及びアドバイザー派遣

ここから本文です。

報道発表資料  2022年04月28日  産業労働局

宿泊施設バリアフリー化促進セミナー及びアドバイザー派遣実施のお知らせ

東京都では、高齢者や障害のある方など、あらゆる方々が利用しやすい宿泊環境を実現するため、宿泊施設のバリアフリー化を推進しています。
このたび、より多くの宿泊事業者の皆様にバリアフリー化に取組んでもらうために、セミナー及びアドバイザー派遣を実施いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

1.宿泊施設バリアフリー化促進セミナー(参加無料・WEB配信)

  • 宿泊施設がバリアフリー化に取組むときに必要なソフト面、ハード面、経営面等からの専門的な情報や障害をお持ちの方が望む施設の対応などをお伝えするセミナーを実施します。
  • 全10回開催します。今回は第1回目から第3回目までのセミナーの参加者募集です。

1 対象となる事業者

都内の民間宿泊事業者及び備品製造事業者など、宿泊施設のバリアフリー化に携わる事業者

2 開催日時・内容(詳細は別紙(PDF:1,608KB)参照)

第1回

日時

5月26日(木曜日) 14時00分-16時00分

主な内容(予定)

宿泊施設の戦略的バリアフリー化について
・バリアフリー化の目的と現状理解 など

第2回

日時

6月15日(水曜日) 14時00分-15時30分

主な内容(予定)

アクセシブル・ツーリズムの可能性について
・ポテンシャルが高い高齢者・障がい者の旅行市場 など

第3回

日時

6月28日(火曜日) 14時00分-15時30分

主な内容(予定)

ココロのバリアフリー計画について
・ココロのバリアフリー計画とは? など

第1回は、東京観光財団による、宿泊施設バリアフリー化支援補助金に係る講演を含みます。

セミナーの申込はこちら(外部サイトへリンク)

QRコードの画像1

2.宿泊施設バリアフリー化促進に関するアドバイザー派遣(無料)

宿泊施設バリアフリー化の専門家が、各施設の課題・要望を確認の上、ニーズにあわせて助言等を行います。(詳細は別紙(PDF:1,094KB)参照)

【支援例】

  • 各施設のバリアフリー化客室改修や備品の購入に対するアドバイス
  • 東京都宿泊施設バリアフリー化支援補助金の利用方法など

1 対象となる事業者

都内宿泊事業者(都内で旅館業法第2条第2項及び第3項の営業を行う施設を運営していること。)

2 利用回数

最大5回まで(※申込先着順 申込期間 令和4年4月28日(木曜日)~令和5年3月10日(金曜日))

アドバイザー派遣の申込はこちら(外部サイトへリンク)

QRコードの画像2

※申込方法など詳細は、別紙1(PDF:1,608KB)別紙2(PDF:1,094KB)または産業労働局ホームページをご覧ください。

QRコードの画像3

問い合わせ先
(事業全般について)
産業労働局観光部受入環境課
電話 03-5320-4881
(申込方法・実施内容等詳細について)
東京都宿泊施設バリアフリー化促進事務局
電話 03-5539-5248

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.